tsu-minami-rc

◇ギャラリートップ   ◇トップページ  
ギャラリー

趣味の ボクサー犬                   今中 勤会員      
趣味のボクサー犬2へ  
津南ロータリークラブで、小倉克明君が会長の時、わたしが幹事をさせていただきました。
それを機会に、小倉君とは親しく交際させていただくことになりました。
 その頃、小倉君はファラという名前のボクサー犬、牝犬に夢中でした。
ファラと一緒に、各所で開催される審査会に出場していました。
ファラが日本チャンピオン(Gr)を獲得後、ドイツからの輸入犬と交配し、
出産をさせました。
大きなお腹のファラと一緒に毎晩のように、わたしの家に訪ねてきました。
「僕は迷惑だから、今夜はよそうと言ったのに、ファラが勝手に今中君の家に来るんだよ。」
大きなお腹で、ヨダレを垂らしているファラを素晴ら
しいとは思えなかったのですが、家内は また別の
感想を持ったようです。
ファラは、家内の前でひっくり返ると、大きなお腹を
見せて、家内に触らせました。
「警戒心を持つ犬が初対面の人にお腹を見せるな
んて!?しかも妊娠中に!考えられない。」と小倉
君も驚いていました。
生まれた仔犬を見に行った時、他の仔犬たちが右に行けば左、左に行けば右、マイペース
な牡の仔犬が1頭いました。
思わず抱き上げた、その仔犬がわたし達と暮らしているアルスです。
我が家にアルスが来てから、わたし達夫婦もボクサー犬の魅力にすっかりハマッテしまいました。
小倉君と一緒に、審査会やボクサークラブの催事に参加、楽しい時間を過ごしました。
特に今では、妻が夢中で、全国の審査会、競技会の追っかけをしています。(わたしは黒子です。)
アルスに素晴らしいお嫁さんを迎えてやりたい
と、チャンピオン犬を輩出しているイタリーの
名門犬舎モンフェラートから、父犬がヤーレスジ
ーガーユーゲント、アーチボックスのワールド
チャンピオンであるペリコ デュ バル ユーロ
ップと母犬がインターナショナルチャンピオン、
アーチボックス、ジーゲリンである、チアラ デイ
 カヴァリエ デル モンフェラートの娘、
レア デイ カヴァリエ デル モンフェラートを
迎えました。
最初の出産(A胎)で生まれた仔犬たち6頭、2回目の出産(B胎)で生まれた仔犬達4頭は、全国
各地のお家で大切に可愛がられ、わたし達夫婦とは、親戚のように親しく交際していただいて
おります。
家にB胎から1頭残しましたのが、ブリーゼ レア
フォム リーゼン シュテルンです。
4月に開催された2007年の日本チャンピオン
決定審査会で、日本チャンピオン(Gr1)を獲得、
2頭の仔犬達カオス フォム リーゼン シュテルン、
ツェーレス レア フォム リーゼン シュテルンを産ん
でくれた(仔犬達もそれぞれ日本チャンピオンを
仔犬クラスで獲得しました)孝行娘です。
小倉君がいなくなった今も、4頭のボクサー犬に囲
まれて暮らしています。
ただちょっと寂しいのは、4頭いてもそれぞれの
犬達が審査会や訓練競技会で頑張っていますので
訓練所で訓練士と暮らす期間が長く、なかなか家
に帰って来てくれないことです。
小倉君が繁殖したアルスは、7月に8歳になります
が、元気に仔犬達を可愛がってくれています。
ちなみにわたしの犬舎号、リーゼン シュテルン(Riesen Stern)は「巨人の星」という意味です。

ページトップへ


Copyright (c)2007-2010 tsu-minami-rc. All rights reserved